fc2ブログ
topimage

2024-02

【パワプロ2011】 球速・身長を考察 - 2021.06.06 Sun

スピードガンが無かった頃の投手の
球速に関する考察。

金田正一、沢村栄治、スタルヒンなどを
自作する方は多く、それを参考にして

林安夫
http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

真田重蔵(重男)
http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-378.html

を作成したけれど、
本当は150km/h超えの球を連発してたら
500イニング前後なんて、
投げれないんじゃないかという話。

スピードガンもなければ
バッティングセンターもなかった時代。

128km/hくらいの球を投げると叱責される
という環境の現役選手に
同じイニングを投げさせるのは、
無理があるのかなと思います。現実は。

Q. もし、あなたが現代野球でプレーしていたら、
どのくらいの成績を残せると思いますか?
https://ameblo.jp/height-123456789/entry-12267953220.html
★王貞治★ 試合に出してすらもらえないんじゃないかな。
全然レベルが違うからね。
でも、もし僕が生まれ変わって、現代の栄養状態、現代のトレーニング方法で勝負するってことなら、今の選手にも負けるつもりはないよ。

これが本当でしょう。

だから、もし現代に「転生」したら・・・
みたいな話だと思えばよいのかなと。

<参考年表>
1942年 林安夫がシーズン投球回数541回と3分の1、
 登板71試合、先発51試合、完投44試合の
 日本プロ野球記録を作る。
1944年 沢村栄治、吉原正喜らが戦死
1955年 スタルヒンが303勝。リリーフで勝ちが
 ついたケースを今見直せば301勝ともいう。
1956年 川上哲治がプロ野球史上初の2000本安打
1958年 ルーキーの長嶋茂雄が金田正一から
 4打席連続で三振を奪われる
1960年 別所毅彦が310勝を達成し
 川上監督下の投手コーチに

1961年 稲尾和久が353奪三振、42勝。
  『ドジャースの戦法』を取り入れた
 川上監督下の読売ジャイアンツが日本一。
1964年 国鉄スワローズで354勝している金田正一が
 読売ジャイアンツに移籍
1965年 川上監督の下、読売ジャイアンツのV9開始。
 12月28日JR錦糸町駅(東京・墨田区)から程近い
 ビルの屋上に「楽天地バッティングセンター」オープン
1968年 江夏豊がシーズン401奪三振。
 稲尾の奪三振記録を超える354個目は
 王貞治から奪うと予告し、実現した。
1969年 金田正一が400勝。引退
1971年 江夏豊がオールスターで
 9者連続奪三振と3点本塁打
1973年 江川卓が高校野球で奪三振率14.0と圧倒。
 読売ジャイアンツが9年連続日本一

1974年 江夏豊の血行障害、心臓疾患が悪化して
 肩や肘に痛みが発生、服用していた痛み止め
 などの影響で体重も増加、成績が下降
1975年 法政大学の江川卓が右肩疲労骨折
1976年 江夏豊が南海ホークスに移籍
1977年 野村克也の説得で江夏がリリーフに転向。
 オフ、野村監督解任に伴いトレード要求
1979年 江川卓が読売ジャイアンツに。
 スピードガン(球速測定機)が全球団にひろがる。
  「江夏の21球」が広島カープを優勝に導く。
1984年 江川卓がオールスターで8者連続奪三振
1985年 バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発。阪神タイガース日本一
1986年 「ファミリースタジアム」発売

「スピードガンの申し子」と言われた小松辰雄は154km/hを記録。
また記録上は153km/hの山口高志(阪急)の球が一番という声も多く、
もう少し古い時代の森安敏明(東映フライヤーズ )を挙げる声もある。

スピードガンが導入された当初は
終速も計測した時期があるそうで
一般的な投手は初速と終速の差が10キロある
中で、江川卓は3キロしか差がなかった
とか。

江川 プロ時代のMAXは153km/h
最も速いと言われた高校時代はスピードガンがなかった

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220911547

その江川さんの発言。
「190センチあった方が、角度もすごく出ますし、
スピンも効く。絶対に有利。」

https://full-count.jp/2019/06/02/post395371/
193cmの大谷翔平くんなどが有利なのは当然。
169cmしかないのに153km/h出してる
山口高志は、その身長にしては突出している。
沢村栄治は174 cm。

ある大学の研究によると、伝説の速球投手、
巨人の沢村栄治氏は残る映像から分析した結果、
159・4キロの直球を投げていたと推測
された。
400勝、4000奪三振の金田正一氏は154・3キロ、
怪童と言われた東映の尾崎行雄氏は159・2キロ、
そして江夏豊氏は158・8キロとなっていた。
https://www.daily.co.jp/baseball/flash/20150428738.shtml
ちなみに何かの雑誌で江夏豊が自分の球速を
「148km/hぐらいじゃないかと思う」
「松坂などと比べると、明らかに自分は遅かったと思う」
と言っているそうです。が、二段階にホップして見えた、
他の投手とは球筋が違ったとかいう声もあります。

昔の映像を分析する事に関しては
「VTRで見ることはできますが、わかるのはせいぜい投げてからキャッチャーまでの到達時間くらいです。
到達時間にしても、リリースポイントも違いますし、どの映像が最高時速で投げたときなのかもわかりませんし、通常のVTRでは正確に計ることも不可能です。
到達時間はミリ秒単位の世界です。通常のVTRのコマ送りが追いつくようなものではありません
そもそも、スピードガンは初速を計っているので、到達時間を比較したりすること自体が無意味です。」
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5309987.html
という指摘があります。

ちなみにMLBで初めてスピードガンが導入された
1974年のノーラン・ライアンの最高球速は
100.9マイル、約162.4キロ。身長は約188cm。


「ファミスタ」が発売された1986年から
1994年は西武ライオンズの黄金時代
(1989年を除きリーグ優勝、6度の日本一)
で、監督の森祇晶は読売ジャイアンツV9の
捕手(森昌彦)だった。豪華投手陣の中でも
「オリエンタル・エクスプレス」郭泰源は
156km/hを記録
した。プロ入り前は
158km/hを記録しているそうだ。

その間、1990年に野茂英雄が
奪三振率10.99
を記録。

サッカーのJリーグ開始は1993年。

最初のパワプロは1994年の
「実況パワフルプロ野球'94」だそうです。
最初のファミスタの8年後。
イチローが210安打で3割8分5厘の年。

そして1995年、野茂がMLBのLAドジャースに。
野村克也監督・古田敦也捕手体制でのヤクルトが
2度目の優勝。
2000年、イチローがシアトル・マリナーズに。
特に投手で、いろいろな選手がメジャーでも
活躍するようになりました。

ヤクルトからは吉井、石井一久、高津らが抜けていった。

MLBの方がボールが曲がりやすく、飛ばないし
初めて見る投法・球筋だと打者が不利。
投手の方が適応しやすい。
ただしボールがすべりやすく、マウンドが固く傾斜もある
ので、投手でも修正は必要。
ホームベースに届く前に曲がりすぎると困る球種もあるし。


で・・・実況パワフルプロ野球2011と
2010には、低身長・高身長というのがあります。


 プレイステーション3で最初のパワプロは2010
 ですが、PS3板には「マイライフ」が無い。
 応援曲も作れない。
 球場内の企業広告を表現しようという所に
 力を注いでるように感じる。
 実況パワフルメジャーリーグ2009で導入された
 顔の個性を編集できるシステム(パワター)もある
 けれど、髪型は2011より少ない。


パワメジャがアメリカで売れず
打ち切られたためか、2012以降は
身長差という概念は廃止されたようです。

 PS3のパワプロは、PS2のパワプロより
 内容が薄め。パワタウンを作ったりできない。
 「サカつく」から取り入れたと思われるような
 クリエイティヴな部分を削ぎ落して
 PS1の頃のように野球だけに戻した結果
 PS3版とPSP版の差が無くなった。
 なお、応援曲もPSP版や
 パワプロ・ポータブル4で作成して
 パワプロ2010や2011に移植する感じ。
 PS3板や2011で作曲はできません。


今のMLBの投手の平均身長は189cmほどらしいので
190cmくらいからが高身長でよいのかなと。
投手はだいたい、他のポジションよりも高身長なので
その中で特別に角度などに差があるとするのは
190cm以上ではないかと。


【パワプロ2011】 オリジナル選手一覧
http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-358.html


#実況パワフルプロ野球2011
関連記事
スポンサーサイト



体が男で女トイレ LGBT法案の危険 «  | BLOG TOP |  » 【パワプロ2011】助っ人ジャイロ3人衆 などなど

フリーエリア

人気ブログランキングと、 日本ブログ村に参加してます。

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

クールCyrusII

Author:クールCyrusII
裏社会の垂れ流す大本営発表に騙される事なく真実を直視せよ!社会全体の実際の仕組みを教えます。 三千年の歴史からも解き明かします。

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する