FC2ブログ
真のジャーナリズムがここにある!
裏社会の垂れ流す大本営発表に騙される事なく真実を直視せよ!社会全体の実際の仕組みを教えます。 三千年の歴史からも解き明かします。
DATE: 2020/09/21(月)   CATEGORY: 真の報道3
殺人ワクチン計画 薬隠して
アメリカの研究者であり作家であるパトリック・ジョーダン(Patrick Jordan)のような人々の優れた業績のおかげで、工作されたウィルスとワクチンによって、大量の数の人間を殺す計画が展開されていることが明らかになった。ジョーダンによれば、人間の免疫システムを停止させるワクチンが長い期間をかけて完成されたという。
ジョーダンの調査によれば、「彼ら」は
3段階ワクチンを開発したことが明らかになった。
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12625897378.html
第一段階の接種では、白血球(免疫システム)を不能にする。
第二段階ウィルスを注入する。
そして第三段階で再び免疫システムのスイッチを入れる。

途中段階でウィルスは全身に拡散するが、病気になった感覚はない。
免疫システムが機能していないために病気を感じないのだ。
免疫システムのスイッチが再び入ったとき、免疫システムは
混合ウィルスに対して総攻撃を開始し、身体を死に至らしめるという仕組みだ。

つまりサイトカインストーム(免疫暴走)を狙ってると。

ナガラーゼという、免疫不能にする成分を
入れている可能性もある。
これに対しては、GcMAF(ジーシーマフ)とかいうのを
使えば、免疫細胞を活性化できるという話もある
のだけど、GcMAFは詐欺だという者がいて
医学の世界で表立って大々的に知られているわけではない。

特亜の本音
奴隷制は戦争による大量殺戮より楽しい

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d3459d15f9676d4033256f61b166766a
「そんな人間いるわけない」
などというのは机上の空論。
最悪を想定し
最善を尽くす
のが「極左」だ。

動物実験をせずに、いきなり
人間で実験しようとしているのです

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/7d6e42f7eae76cf1348b78008632e1e7

この新コロワクチン+インフルエンザ予防ワクチン+
肺炎球菌ワクチン+子宮頸がんワクチンを打ったら・・・
どうなるか楽しみだ(=・ω・=)にゃ~w
ttp://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2154802.html
などというのが特亜の言い草。

ゲイツの実験では、何千人もの人が
身体障害者になり、また死亡した

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/940a786c93a5ec1f3efe23f9e16e8cdf
こんな負の実績しかない奴が
全く反省もせずに
「ワクチンしか解決方法はない」と
言い張っている。サイコパスだ。

それを「立派なセレブ」などと思うなら
詐欺師盲信者、悪魔狂信者、権威主義者。

現実をありのままに見ていない。
論理的・科学的な思考ができてない。
真摯な姿勢がない。

ワクチンの安全性に関する懸念について、
なぜ、これほど多くの信頼できる情報が、
主流メディアによって取り上げられないのでしょうか?

https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12625952141.html
なぜ彼らは、懸念事項を取り上げたり、
反論したりしないのでしょうか?また、その代わりに、
なぜ彼らは、常に嘲笑したり、
「反ワクチン陰謀論者」のような言葉を使う
のでしょうか?

他人の不幸を喜び、
おとしいれたがり
あざけり笑いたがるのは
特亜の最大の特徴。
一発アウトで特亜認定ものだ。
https://ameblo.jp/cyrus2/entry-11265829705.html

つまり、「2ちゃんねらー」は特亜工作員なのだ。
創価バーニング系ドワンゴ(ニコニコ動画
西村「ひろゆき」なんぞを
日本を代表する聖人君子であるかのように
持ち上げる奴らは、全て悪魔主義者
思っておくべきだ。

BURNINGが創価バーニング、avexがエイベックス
ドワンゴavexヤクザ
ドワンゴはニコニコ動画
VISION FACTORYは今のライジング、
後藤組は創価学会のテロ組織の一つ。

癌への抵抗力を管理する
第8染色体を変更する計画

http://kaikaku33.blog.jp/archives/23716965.html

クエン酸ガンを消す
https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12624420490.html
つまり・・・先週ふれたMMSとかいうのは
二酸化塩素よりも、クエン酸を多く使う事
の方が重要だったのかも知れない。

 毒の強要薬の禁止 細菌兵器コロナと特ア謀略
 http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-324.html
 邪悪な特亜工作員によれば
 日本の共産党もPCR検査拡大を言い出したそうだが
 共産党「も」全会一致で悪に加担する時というのは
 他の政党が先に当然のように悪を推進してるわけで
 共産党「は」一番ましという事実には変わりない。
 新型コロナ騒動では「体制保守」は検査拡大しない方針
 で野党の方が検査拡大を叫んでいるが
 だからといって自分で新型コロナを輸入した
 731部隊自民党=統一教会が立派などという事には
 ならないのは分かりきった事のはずである。
 コロナ謀略を暴いているふりの連中にとって。
 にも関わらず、共産党が一番悪いかのように
 主張したがる連中が、特亜蛮賊至上主義の
 悪魔主義者である事は明々白々ではないか?

自民からエセ野党への金の流れ

クエン酸がんを消す 代謝をターゲットにしたがん治療の効力
ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する
ミトコンドリアを活性化するとがん細胞は自滅する
医療大麻の真実 マリファナは難病を治す特効薬だった!

https://www.amazon.co.jp/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E4%B8%80%E5%85%B8/e/B004LRQXHW/ref=dp_byline_cont_pop_book_1
「福田 一典」で検索して出なければ
「福田 一典 クエン酸」で検索。
出ないという事は、むしろ重要という事。

いったい良心のある真摯な人々はどこに消えてしまったのだ?
この防疫対策は子供の虐待だ。 バクディ教授

https://twitter.com/OdNezu/status/1305822473141841920

「マスク着用義務ほどバカげた防疫対策はない。第一にマスクには期待されている効果などまるでないからだ。ウィルス感染防止効果のあるマスクは特殊なもので、一般には入手困難だ。私は街で人々がマスクの効果を信じて着用している姿を見ると胸が痛む。」(バクディ教授)
https://ameblo.jp/don1110/entry-12626217518.html
「ドイツのシュタインマイヤー大臣がマスクをしない者を”無責任”と罵倒したが、私は大臣に問い返したい。”高齢者の見舞いを禁止し、孤独に死に追いやるあなたの政策こそが無責任と言うのではないのですか?”と。」(バクディ教授)

半年以上も子や孫・ひ孫にも一度も会わせず、
高齢者にマスクさせて更に心肺機能を弱らせ、
散歩も禁止し半年以上も一切日光に当てない事
などは高齢者を虐待してるとしか思えません!
https://twitter.com/mariabanbi10/status/1303205191957639168

考察: マスクは短時間しか使えない
82個のバクテリアのコロニー、
4個のカビ菌のコロニーが見つかった。

https://twitter.com/You3_JP/status/1307632370200145920

交感神経優位で低酸素発癌のもと
https://ameblo.jp/64152966/entry-12361234688.html
つまりね・・・興奮させるような騒々しい「音楽」より
安静化する美しい音楽の方が心身によい。

だから特亜はゲームのBGM(バックグラウンド・ミュージック)を
騒々しくしたがる。三國無双などプレイステーション2の頃より
PS3以降の方がエレキ・ギターがうるさい事が多い。

家電製品はどれもこれも、単身のアパート暮らし向けでも
スイッチを切ってもランプが点灯してる状態だったりする。
安眠妨害のため。それに遠隔操作できたりする。
そんなものは単身アパートには必要ない。
外部から操作したがる犯罪者向けの機能。
自動運転なんてもっての他。

ワクチンに言及した「やりすぎ都市伝説
https://ameblo.jp/aries-misa/entry-12625933742.html
蚊の姿をしたドローンで毒を注射する計画もあるらしい。

また、スパイ、工作員がフェイス・マスク型の
翻訳システムを使う事も計画されているとの事。
そのためにマスクを普通という事にしたいとか。

内閣府のページを見ると
「2050年までに(中略)新しく生活様式を普及させる」
とあります
つまり、新コロ流行の前に新生活様式は計画されていたということです

https://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12625901740.html
https://twitter.com/NKM20200921/status/1306179952119750657

「スマート」とつくものはだいたい、
完全監視ファシズム社会、
高貴な人士を悪魔が暗殺できる社会
にするためのもの。
そんなものが完成する前に
今たたかなければマズイという事。

ワクチンでマイクロチップ・・は
陰謀論でなく着々と進められており
堂々とHPに掲載されていることです

https://ameblo.jp/sannriku/entry-12626314864.html
https://twitter.com/hiroshitokyo46/status/1307157873600819202

5G技術を開発してる某企業のサイトに
普通にしれっと
マイクロチップをすべての人に埋め込む
プロジェクトについて書いちゃってるけど

https://ameblo.jp/don1110/entry-12626575938.html
https://twitter.com/Jibun_no_Atama/status/1307497694391230464

連中は今、悪魔体制の仕上げ
かかっているのに、何事もない
などと思っていると後悔先に立たず
という事だぞ。

内定取消の急増は倒産、失業、自殺と同じで
COVID-19対策が原因

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202009160000/
過去の経験からCOVID-19に対して有効な薬が存在すると言われているが、有力メディアはアメリカの医療利権にとって好ましくないものは否定している。そのひとつが​抗マラリア剤として知られているヒドロキシクロロキン​。抗生物質のアジスロマイシンと一緒に処方すると効果があることは研究者や現場の少なからぬ医師が主張している。フランスの著名な微生物学者、ディジェ・ラウルを含むグループが3月の段階でこのコンビネーションが有効だと報告、アメリカ人医師のグループも同じように主張している。
 また、ヒドロキシクロロキンからヒドロキシル基を取り去った構造をしているクロロキンがコロナウイルスに対して有効だとする論文も存在する。2005年8月22日、​ウイルス・ジャーナルというNIH(国立衛生研究所)の公式刊行物​に掲載された。
 また、インターフェロン・アルファ2bもCOVID-19に有効だと言われている。

コロナってそもそも特効薬と治療法がある
のになんでワクチンが必要なの?

https://ameblo.jp/don1110/entry-12624762311.html
イベルメクチン、ドキシサイクリン、亜鉛の組み合わせは、
#COVID19 の治療薬としてほぼ100%有効
であることが示されていると述べている。
https://twitter.com/ygjumi/status/1304750452475658240

とは言え・・・ハイドロキシクロロキンも
イベルメクチンも、医者しか買えない、
市販されてない
という事は、先週報告した通り。

そして、ドキシサイクリンも、
インターフェロン・アルファ2bも
日本では外資のファイザーが扱っている
という事が、ちょっと引っかかってまして・・・

米ファイザーのコロナワクチン後期試験、
被験者に軽中度の副作用

ttps://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-pfizer-idJPKBN26637R


まぁ、亜鉛がとれてれば味覚消失などはない
という事は以前から書いてるし、
クロロキンなども副作用は少ないながらある
ので、できれば薬に頼らずに栄養を
食べ物からとれてばよいのかなと。
事前にね。

食事は無理に与えないでくださいね
熱発した時に
食欲が出なくなるのは
免疫系に全てを注ぐ為です
消化活動
それほど労力が高いので
総動員して戦うには邪魔なんです
https://twitter.com/hiroki_jjd169/status/1306486990242590720
そして
免疫細胞のエネルギー皮下脂肪だけなので
熱発した後に食べる物では間に合わないのですよ
だから食べる必要が無いのです


ちなみに、ここしばらく、人気ブログランキングで
順位を下げられています。
人気ブログランキング政治経済95位
このブログから人気ブログランキングを見に行った
(バナーをクリックした)人は
1週間で0という事になっている。

本当かね?
人気ブログランキングから来た人は
9月15日までの1週間で532人となってるけど。
順位を下げられても
15日から21日までの1週間でも312人となってるけど。

16日95位、17日94位で、
18日70位まで復帰。20日は67位。
「社会・政治問題」部門で。
関連記事
スポンサーサイト



page top
Copyright © 真のジャーナリズムがここにある!. all rights reserved.