FC2ブログ
真のジャーナリズムがここにある!
裏社会の垂れ流す大本営発表に騙される事なく真実を直視せよ!社会全体の実際の仕組みを教えます。 三千年の歴史からも解き明かします。
DATE: 2019/05/23(木)   CATEGORY: 真の報道3
竹中・小泉・池口恵観 安倍友は韓流
現在、「人気ブログランキング」の
政治・経済カテゴリーでは、
かなりの高頻度で、
安倍総理「文在寅ふざけるな」
とかいう広告が入る。
人気ブログランキング安倍文在寅
これは、まるで安倍晋三が嫌韓であるかのように
嘘を宣伝する、悪質なプロパガンダだ。

そういう嘘を前提にしたブログばかりが
上位に存在するようでは問題だ。

一方で「日本はもうおしまい」だの
「日本人は騙されていた」だのと言いたがるのも
そうした広告を出している業者なのだ。

安倍首相の有力スポンサーは在日の者が多く、
下関市の自宅は「パチンコ御殿」などと呼ばれている

https://ameblo.jp/sannriku/entry-12445688608.html

パチンコ業界 これが「御用政治家」
総選挙後新メンバー 自民、民主、維新など41人

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-10/2015011014_01_1.html
維新は公明党と入れ替わり。
以前は創価系公明党の議員もいた。

橋下B型の野望

これで目が覚めたか?
どっちが反日特亜優遇かわかるだろ。
まだ騙されていたいなら馬鹿。

自分の先入観が正しいと思いたい、
間違っていたと認めたくない
という性質の、知性のない人物に限って
右翼とか、その狂信者となっている。

白丁の仮面

「普通」が朝鮮人に染脳されていて、
「異端」が知性ある「愛国者」なのだ。

犯罪者の魔の手から日本人を守りたい
という平和主義者こそが「保守」だ。
日本人を守るのが「保守」ならば。

しかし、一般的に、「保守」とは
特亜の犯罪「体制保守」の事。
「保守こそが正義」という
大本営の嘘を狂信する者は
特亜狂信者だ。

細目こそが日本人の顔だの
単一民族だのという嘘を
盲信している。

それは朝鮮人を狂信しているという事。

悪い者を悪いとありのままに
公正に見れる知性ある人になれ。
そうなれば朝鮮人にだまされない。
大本営こそが朝鮮人だと気づく。

大本営が親日・嫌韓だというのが
最大の嘘なのだ。



シャンティ・フーラなどは、
竹田恒泰の事を、明らかに安倍一味などと
書いているが、それは根拠のない断定だ。

竹田恒泰は、本人の顔が特亜系という自覚が
無さそうだ。パッパラパーの自覚のない
特亜至上主義者のようだ。
それでも嫌韓だと思い込んでいる。
だから使える。自分が馬鹿だったと気づいたら
毒も薬となる可能性がある。
裏では親韓でありながら、嫌韓のふりをしている
安倍晋三や橋下徹の同類とは言えない。

一方、シャンティ・フーラなどの持ち上げる秋篠宮
こそが安倍一味
だ。まず、安倍晋三が嫌韓などと
いうのが大嘘
で、奴の祖父である岸信介が
朝鮮カルト統一教会を招いた張本人で
安倍晋三も、「拉致問題解決のため」に
統一教会とつきあっているのではない。
むしろ、統一教会こそが拉致の主犯と見るべきだ。

「拉致被害者」は拉致加害者だった!
http://blog.livedoor.jp/standupjoe1/archives/50602560.html
蓮池薫氏は「ここまで秘密を漏らしたらこのまま返すことはできない。力ずくでも北朝鮮に連れて行く」というとんでもないことをいいだした

北朝鮮による日本人拉致、オウム真理教
そして福島第一原発事故を結ぶ点と線 2
蓮池透東電での経歴。

http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-473.html

ここをどうしても信じられない、
安倍こそが嫌韓の救世主などと
狂信している感情論者こそが、親韓なのだ。

「安倍たたき」アレルギーこそが、親韓。
パッパラパーの特亜狂信者だ。

シャンティ・フーラなどは、裏事情などに詳しいくせに
安倍が嫌韓であるというような、虚構を宣伝
したがる。デマ工作の主犯格である証拠だ。

ソルカファール情報はインチキ
https://www.jimakudaio.com/sorcha-faal-is-fake

「朝鮮人を批判するのが悪」と主張する者は
全て怪しい。donのブログみたいな
「バカの国 日本」などと言いたがる奴
「日本的霊性」などと口にするのも詐欺だし
東海アマも、日本会議を批判するふりを
しながら、その創設者の親友という高山清洲
持ち上げるような、矛盾した特亜至上主義者。
平和主義者ではないのだ。
大摩邇系ブロガーはそんなもの。

邪悪な詐欺師である自分たちを
批判するなとほざくのが朝鮮人。
テロによって言論弾圧している
暴力野蛮賊が、被害者をバカとほざく・・・
それを非道と言わず、何を非道と言う?


そういう所にツッコミを入れるのも
重要な「ジャーナリズム」活動だ。

「騙される方が悪い」のではない。
「真実を抹殺して染脳し、
不幸にして嘲笑して喜ぶ」者こそが
はるかに邪悪だ。

「批判するな騙されろ」という奴が邪悪なのだ。
邪悪な詐欺師を詐欺師とありのままに呼ぶべき。

テロリストによって真実を抹殺されている事実を
知らない人々に知らせるべき。
そして、絶対に信用しないように、警告すべきなのだ。

日本はもともと、馬鹿や朝鮮人の国ではないのだから
そんなに日本が嫌なら、朝鮮人が出ていけばよい。
テロリストがいなければ、愚民化・朝鮮化は起こらない!
全て丸く治まり、世界が平和になる。

自分で脅して
朝鮮人を盲信する者ばかりにしていながら
騙されるのが悪いから虐待し抹殺してよいなどと
とんだ悪魔の屁理屈だ。
そんなdonのブログみたいな奴らが
アメリカが悪いだ何だ言うのがおかしい。
Qアノンは茶番だと言っていたかと思えば
Qアノンの在日朝鮮支部ができると
持ち上げ宣伝するような二枚舌。
あれがエセ左翼=極右だ。
特亜の体制保守だ。


秋篠宮妃=川島(川嶋)紀子妃
ピースボートのビラを配っていた事もある人物で
父親は「部落解放同盟」の中心人物、
佳子妃はK-POPのダンスも披露している。

https://rondan.net/19153

紀子さま」父、いわくつき「パチンコ社長」と韓国二人旅
三井慶昭は韓国人?wikiプロフィール経歴や
川嶋辰彦(紀子さま父)との関係がヤバすぎる?

https://popple-news.com/mitsuiyoshiaki/
紀子妃の父・川嶋辰彦とパチンコ社長の韓国旅行

そして川嶋辰彦は、池口恵観とも交流がある。
北朝鮮カルト鮫島デヴィが朝鮮人天皇画策

池口恵観・・・朝鮮総連を落札した人物。
小泉純一郎の従兄弟だという。

朝鮮総連は靖国神社の裏にあるし
右翼というのは、そういう人物ばかりなのだ。


工作員が「自分の足で確認した」と自称している
記事を盲信するのは「狂信」でしかない。

大本営から給料・時間・知名度・名声などを
保証されている者ほど怪しい。

工作員の大本営発表だけが流される仕組み・・・
それが「自分の足で」至上主義なのだ。
東海アマも明らかに工作員の言動をしている。

取材だけでは出版社も新聞社も成立しないだろ。
「デスク」などと呼ばれる管理職が
出版社や新聞社を仕切っているだろうが。

その「デスク」は、部下の書いた記事を
いちいち「自分の足で確かめに」行きはしない。
けれど、部下の記事の信頼性を判定する。
読者も、それと同じ事をすればよい。

「自分の足で」見に行った話しか信用できないなら
他人の記事を読むだけ無駄、という事になる。

「デスクはジャーナリストではない」との主張は
発掘作業をする人だけが考古学者と主張し
作業監督するだけの考古学者は学者じゃないと
主張するようなもの。

筑紫哲也のいた頃のニュース23にしたって
記者クラブなどで警察発表を入手して
そのまま垂れ流していたのではなく
以前の主張と矛盾しているなどの
批評を加えていた。


自民が親日と思う方に初歩的な資料集
http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

戦後日本の闇を動かした在日人脈
安倍支持者は口ではソフトバンクを批判してますよと
たいして役に立たないダメージ・コントロールで
お茶を濁しているが、安倍晋三はソフトバンク大好き

https://ameblo.jp/richardkoshimizu/entry-12432829751.html
初値が公開価格1500円を下回るという未曾有の快挙で始まったソフトバンク通信子会社上場ですが、その後も順調に1176円まで暴落。このまま、ただ同然になるかとワクワクドキドキ期待したのですが、真っ青になった安倍朝鮮悪晋三が東証に命令して、ソフト株をTOPIXに組み込ませたので、なんとか1433円まで戻しはしたわけで。見込みより2500億円ほど少ない実入りで、世界最強の有利子負債18兆円会社の債務縮小計画は夢と消えました。

統一教会チャンネル桜の団扇を手に悠仁誕生を祝う方々
統一教会チャンネル桜の団扇を手に悠仁誕生を祝う方々
こういのが純血に近い細目だぞ。
そして、韓流ドラマに出ているのは
ここまで極端な朝鮮顔だけではなく
右翼が日本顔と思っているような顔ばかり
が出ているのだ。

右翼蛮族カルト「礼儀」
こういう粗暴な「縦社会」狂信こそが
特亜の持ち込んだカルト文化なんだよ。
最も宗教からかけ離れたもの・・・それは
右翼の「道徳」軍事独裁ファシズム=悪魔主義だ。

「特亜野蛮賊こそが正義と言いたい」・・・
それが右翼思想の根底にあるもの。

【鬼畜慶応】小泉純一郎からして、
「スーパーフリー」や「広告学研究会」に先立つ
輪姦サークルの主犯格だった

http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/675.html

自民党は「自由」とも「民主主義」とも関係ない。
北朝鮮の「民主主義人民共和国」が名ばかりなのと同じ。

特亜の「新自由主義」とは略奪強姦の自由、
他人の自由を奪い束縛する自由、犯罪の自由

いわゆる権利のない自由というやつだ。

それを支持するのは日本人には自殺行為であり、
安倍なんぞをもてはやしているのは全員、幽界(がいこく)魂だ。

安倍政権下でテレビ業界が細目・朝鮮顔だらけとなり
創価バーニング系ドワンゴや幻冬舎が増長しているのは
偶然ではない。朝鮮人犯罪の本流。

ペニーオークション詐欺
アメブロ藤田エイベックスの松浦とも遊び仲間

http://brog.keiten.net/?cid=44169
「だから、そこら辺から声をかけられれば安っぽい枝の枝みたいなプロダクションなんか二つ返事で受けざるを得ないだろう。」

ドワンゴavexヤクザ
BURINGが創価バーニング、avexがエイベックス、
VISION FACTORYは今のライジング、
ドワンゴ=ニコニコ動画
後藤組が創価学会のテロ組織の一つ。

小泉=竹中改革」の際に
村上ファンドのインサイダー取引
不正にボロ儲けした一味。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-6de5.html
毎度おなじみ楽天・三木アメブロ藤田
創価学会パソナ南部河野外相などの名がずらりと並んでいる。

偽ユダヤの謀略機関が
表向き偽ユダヤを弾圧した事になっているナチス
というのと同じで
偽ユダヤを批判する者が悪い
と見せかけている偽ユダヤが悪い
のと同様に、
朝鮮人を批判する者が悪い
と見せかけている朝鮮人が極悪。

裏の内閣?
安倍晋三の向かって右がAKB秋元康、左が幻冬舎の見城徹
後列はネクシィーズ近藤太香巳、GMOインターネット熊谷正寿、
損得舎の佐藤尊徳。

それに幻冬舎の見城は創価バーニング周防の友人だそうだ。
子飼いの手下という者もいる。
ケイダッシュ谷口による犯罪の数々をマスコミが報じないのも
見城がいろいろ邪魔しているせいだという者もいるし
女性タレントとヒルズ賊系の連中がくっついたと
マスコミに宣伝してるのも見城だと言われている。

アイドル強姦未遂集団五輪賄賂ほか
真相を説明できない奴をこそ疑うべし。
大本営発表の嘘を暴き真相を探究

http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

嫌韓は、偽ユダヤ企業ボイコットと同じく
高貴な平和主義の証だ。

そこをごまかそうとする者を疑わねばならない。

宗教とカルトは正反対だとハッキリ区別できる人、
体得している人だけが
ひふみ神示(日月神示)をありのままに理解できる。
https://ameblo.jp/cyrus2/entry-11969544057.html

右翼は明らかに特亜野蛮賊であり
創価徳間書店のアサ芸プラスなどは
「芸者という芸者に手を出していた
伊藤博文の胆力」みたいな話ばかりしている。

明らかに、「自分の場合は何をしても
絶対の正義」という自己中心主義・背徳カルトが
先にあり、「宗教」など微塵もない。
それが「つくる会」全盛期のSAPIO誌の特徴
でもある。あれが創価=統一教会なのだ。

そこに疑問を感じず、自分たちは絶対の正義
だから人を殺しても「愛国無罪」などと思い
ありとあらゆる犯罪を正当化し
仲間と思えば朝鮮人犯罪を見逃す
ようなのが「保守」であり、守っているのは
朝鮮人の利権、そして日本人を虐待している。

その事実をありのままに指摘すると
逆ギレし、高貴な宗教を体得した人士を
虐待するというのが「保守」なのだ。
最初からずっと、そんなものだ。

神示は、そういう連中にこびろという話ではない。
常に、「保守」こそが悪魔の手先と気づかないと
話にならない、悔い改めよという話だ。

右翼というのは、まず己から律する人物ではなく
平和を求めておらず、
自分が正義とうぬぼれて刹那的に気持ちよくなる
事を求めているので、事実を解き明かすと
喜ばず、話を聴こうとしない。

だから、連中に「極左」と呼ばれるような
高貴な平和主義者が真相をひろめなければならない。
連中の「拡散希望」を無力化するほどに、
周知徹底し、悪魔に従う戦争主義者が
いないようになれば、仮に不正選挙がまかり通っても
誰も朝鮮人に従わなくなる。騙される事もなくなる。
関連記事
スポンサーサイト
page top
Copyright © 真のジャーナリズムがここにある!. all rights reserved.